ようこそ、マー坊のロマン旅へ~♪
http://piroji69.blog72.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
初の寝台列車
2006-08-30 Wed 18:16
ドイツ、ミュンヘン→ベルリンまで寝台列車で行った。(約8時間)

海外では初めて
しかし・・・興奮しすぎて写真に収めるのを忘れてた

1等、2等のクラスがありまして、
こちらはちょいリッチに1等クラスの部屋を取った。

2段ベッドがあって、シャワー、トイレ付きやねん

うーん、狭いけど快適っ
スポンサーサイト
別窓 | ドイツ | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
強制収容所跡
2006-08-29 Tue 15:48
ドイツ、ミュンヘン郊外、ダッハウ市に大規模な強制収容所跡がある。
ダッハウ収容所
ダッハウ収容所は、ナチスが一番最初に作った収容所。
ユダヤ人の他にも
宗教上、思想上、政治上の問題で
そこに送られた人も多い。

一部しか残ってなかったけども、
言葉にできないほど、マー坊の心にとても重く圧し掛かった。

毒ガス室もあったが、稼動した、してないと討論がなされてるらしいが?
使われてなかった方を祈りたいっ。
ダッハウ収容所2
ユダヤ人の手で植えたポプラの木。

いつまでも
「世界平和」
でありますように・・・。

別窓 | ドイツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
パワフルなおばあちゃん!
2006-08-27 Sun 21:57
ミュンヘン市内を観光してる途中で
ドイツのおばあさんに声をかけられた。
本にはさんでるしおりを拾ってくれたの。
ご親切にどもどもぉ~

んで、ミュンヘン市内を案内してくれる事に・・・。

中央駅から2駅も先にあるとこやから、地下鉄に乗るかと思うたら
おばあさんは地下鉄に乗らずに歩き出すではないか!

恐る恐る「地下鉄は?」と聞いてみる。

おばあさんは「地下鉄は嫌い!歩くのが一番!と。

80歳なのに歩くのも早くてこっちがビックリ!!
しかも、よく食べる!!!
パワフルなおばあさんは初めて見たー。ワラ!

パワフルばーちゃん
マリエン広場でおばあちゃんとツーショット
近くに鳩が一杯おって落ち着けん


おばあさんは独裁者ヒトラーを見た事があるそうです。
すげぇ~すげぇ~!
マリエン広場で兵隊行進、演説もしたそうです。
ヒトラーの真似をするおばあさん、分かりやすくてGOOD!ワラ!
別窓 | ドイツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
逃亡者になれなくて・・・
2006-08-27 Sun 13:54
昨夜、21時半に無事に帰国致しました。

もっと長く逃亡者になりたかった・・・爆!

今回の旅先はイギリス

時間あれば、このブログに綴ってみたいと思います

つか、フライト旅は疲れるぅぅぅ。

ファーストクラスに乗りてぇ~!!ワラ!
別窓 | イギリス | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
逃亡者
2006-08-16 Wed 10:39
今日からマー坊は・・・

逃亡者!

今日から涼しいヨーロッパへ避難してきますっ。ワラ!
別窓 | イギリス | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
憧れの城へ
2006-08-15 Tue 22:22
やっと会えた~
運命の人に・・・なんてウソウソ

白鳥の城
ノイシュヴァンシュタイン城(白鳥城とも呼ばれてる)
かつてバイエルン国王ルートヴィヒ2世が17年の歳月と巨額の費用をつぎ込んで
夢の城を造ったのらぁ~。
橋、滝、湖もあって精魂を込めただけあって完璧~っ
しかし、ルートヴィヒ2世が住んだのはたったの数日間だけ(7日間やったかな?)・・・。
そして謎の死を遂げたんだよね・・・。

んまに、溜息がこぼれるぅぅぅ~。

帰りには大雨が降り、バス停辺りでは雨宿りする人でごった返してた。
雷さんもピカッピカピカ~ッ

白鳥の城2
見上げた城は雨雲におおわれてた。
ミステリアス~

別窓 | ドイツ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
女神様と呼ばれて
2006-08-14 Mon 18:31
昨日の続き…

必死に宿探してる間に
怪しいカップルがうちらに付いて来てる事に
気付かないワケがなかったのらぁ~。

フュッセン駅でもおったし、列車に乗ったらあのカップルも乗ってきた。
ん?うちら、狙われてる???
用心しなきゃーーー!

列車に乗ってる間に雨で外は真っ暗になった。
時計を見る・・・22時っ!?
雨は強くなってきて、寒カチカチやね~ん。

目的駅に着いたら、あのカップルも急いで降りてきた・・・。
うわ~、やっぱ怪しいょぉぉぉ~!

駅にはホテルの人が迎えに来て待っててくれてた。感激

そこで、あの怪しいカップルがホテルの人のとこに来て何やら
話しておりました。
どうやら、ホテル探しに困ってたようです。
な~んだぁぁぁワラ!

後で仲良くなったけども、あのカップルはすごい職業をお持ちでした。
彼は考古学者で、彼女は大学の先生でした。
旅から帰った後も少しメルやりとりをして分かった事やけども
あのカップルは宿探しに困ってて、私達二人に付いてったら
きっとホテルが見つかるかも?と直感してたようです。
今でも「奇跡の女神様」と呼ばれてます。ぷッ!

ある朝
翌日の朝(無人の駅)
朝早くに出たので、霧がかかってたー。
まるでハイジの家みたくねぇ?ワラ!
ホテルの人が見送りに来てビックリしたなぁ。
ええ人に出会えて幸せやったなぁ。しみじみ・・・。

別窓 | ドイツ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| マー坊のロマン旅 | NEXT
copyright © 2006 マー坊のロマン旅 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。